Browse Author

admin

セブ島留学で韓国資本の語学学校を選ぶ魅力と注意点

セブ島留学をする際の語学学校選びをするときには経営者が誰かということに注意した方が無難です。
大抵の学校はフィリピン人が出資して経営されているわけではありません。
韓国人や日本人が経営している学校が多いのが特徴であり、その経営者に応じて独特の経営方針が取られています。
国民性の違いや対象としている学生の違いを受けて、韓国資本か日本資本かによって授業や生活のあり方についての傾向に違いも生じているのが現状です。
英語力をトレーニングするために留学しようという人がセブ島留学を選ぶ理由として多いのは費用が安いから、あるいはスパルタ教育によって短期間で英語力の向上を期待できるからというのが多くなっています。
この点で優れているのが韓国人経営者によって運営されている語学学校です。
しかし、その魅力に駆られて即決してしまわないようにしましょう。
実際に留学した人は様々なトラブルに見舞われているため、注意点を理解した上で問題ないと判断してから決断することが重要です。
韓国資本の語学学校ではスパルタ教育が基本になりますが、その意味を理解していない人もよくいます。
スパルタ教育の基本は強制的に勉強せざるを得ない状況を生み出しているのが特徴です。
授業時間が長くて一日中勉強することになり、授業が終わっても自分で勉強しなければならないでしょう。
ほぼ毎日試験があるという学校もあるため、勉強し続けなければならない状況に立たされるのです。
その程度まで強制されれば多くの人が着実に能力を高めることができるのも確かでしょう。
ただし、注意点として押さえておきたいのが、必ずしも厳しさは授業だけに限られるわけではないということです。
校則の厳しさも特徴的な点であり、平日は学外に出ることができなかったり、テストで合格できないと週末も外出ができなかったりすることがよくあります。
自主的に勉強するのを促すための校則であるとはいえ、週末は自由になって旅行も楽しみたいと考えていた人にとっては辛い留学生活になってしまうリスクもあるため、よく考えてから選ぶようにしましょう。
逆に週末は遊んでしまいそうだという心配がある人の場合には校則の厳しさが役に立つ場合もあります。
一長一短であるため、自分が留学中に何を求めているかによって選ぶことが肝心です。
一方、スパルタ教育とは関係のない部分でも注意点があります。
生活をする上で重要になるのが寮の使いやすさや人間関係の樹立のしやすさです。
基本的に日本ほどにはサービスを充実させるという考え方が浸透していないのが韓国であり、寮の設備が日本のホテルのようなクオリティーであると考えてしまうと肩透かしを食らってしまいます。
シャワーの水の出が悪かったり、水しか使えないという状況になっていたりすることはよくあるのです。
安かろうが悪かろうとはよく言ったものであり、その事情が寮生活に出てきてしまう可能性がある点は覚悟が必要になります。
また、食事についても韓国食が基本となるため、辛いものが苦手な人にとって食事が苦痛になってしまうことも稀ではありません。
ただし、食事に関してはまず間違いなく授業料に食費が含まれているという形をとっているため、滞在している間は食費に困ることはないという安心感もあるでしょう。
人間関係の面では周囲にいるのがほとんど韓国人になるため、それがネックに感じられてしまう人もいます。
文化として韓国的な生活をする必要が生じやすいからです。
しかし、他国の人がいることをわきまえている人が多い学校も多いため、現地での事情をよく理解して語学学校を選べば問題ありません。
むしろ韓国人との交流の機会になるという前向きな姿勢で韓国資本の学校を選ぶのも良いでしょう。