学生にはセブ島留学がおすすめです!

学生時代に初めての英語留学を経験する人は多いと思います。
英語留学では留学先としてたくさんの選択肢がありますが、学生の初めての留学にはセブ島留学がおすすめです!その理由は主に三つあります。
一つ目は、留学費用の安さです。
セブ島のあるフィリピンの物価は、日本の物価に比べてとても安いです。
そのため、まず留学費用が欧米に比べて安く抑えることができます。
それに加え、現地に滞在している間にかかる生活費も、物価が安いため安くて済みます。
セブ島はリゾート地としても有名なので、休日はビーチに出かけてマリンスポーツを楽しむことができたり、また大型のショッピングモールがいくつか立っているので、買い物を楽しんだりなど、生活費以外にアクティビティとしてお金を使うような場合には費用がかかるだけで、一般的に無駄遣いをしなければ、それほど高額な費用が必要になるということはまずありません。
また、欧米に比べてフィリピンは日本から近いので航空券も安く取得することができます。
経済的余裕の無い学生にとって、留学費用が安いということはとても大きなメリットだと思います。
二つ目は、授業形態です。
セブ島留学ではマンツーマンレッスンを多くの学校が採用しているということです。
例えば、欧米ではほとんどの学校が集団の授業、グループレッスンを採用しています。
そこでマンツーマンレッスンを希望すると、元の留学費用に追加の費用が必要となってきます。
語学を取得するためには、リスニングとスピーキングの機会を増やすことが何よりも必要です。
このことを考えると、グループレッスンよりもマンツーマンレッスンのほうが語学取得という点では優れているということができます。
また、マンツーマンレッスンでは、自分のレベルに合わせた授業を自分に合ったペースで展開してくれるので、このこともマンツーマンレッスンの強みだということができます。
日頃、日本でグループレッスンを受けている学生にとって、マンツーマンレッスンは普段の授業と一味違う、とても充実した授業にすることができます。
三つ目は、短期間の滞在であれば、ビザ(査証)の発給が必要ないということです。
ビザとは、訪れる国が発行する、入国や滞在の許可証です。
例えばアメリカでは、語学留学をする際は事前にアメリカ大使館に訪れて、書類をそろえてビザを発給する手続きをする必要があります。
しかし、日本人がフィリピンに短期間で英語留学する場合は、アメリカに留学するときのように、事前にフィリピン大使館を訪れてビザ申請をする必要はありません。
フィリピンでは、特別な手続きをすることなく、空港で入国審査を受ける際に滞在期間30日間の観光ビザを無料で取得することができます。
事前に挙げたアメリカへ留学するときのように、留学前にわざわざ大使館を訪れる必要がないことも、セブ島留学の利点の一つです。
ただ、すべての人に無条件でフィリピンのビザを発給してもらえるということではありません。
条件として、入国時にフィリピンからの出国航空券を持っていること、またパスポートの有効期限が半年一用と滞在日数分残っている必要があります。
また、滞在日数が半年を超える場合は、現地でビザの発行手続きをすることができます。
さらに、入国を拒否される例としては、反社会的勢力の関係者である判断された場合があります。
反社会的勢力かどうかは入国審査官の判断によりますが、入国審査の時にいつも通り聞かれたことを返答しておけば、まず入国を拒否されることなどはありません。
以上に挙げた三つ以外にも、セブ島留学をおすすめする理由はたくさんあります。
是非英語留学を考える際は、セブ島留学を検討してみてほしいと思います。